• 好きなことを好きなように書く。

最近、私の中でアニメ「東京24区」がアツくなってる件について

最近、ハマっているアニメを紹介したいなあと思いました。

あまりSNS等にも取り上げられていないのですが、ものすごくお勧めします!

1、東京24区ってなに?
東京24区は初回放送は2022年1月6日より放送されました。
東京湾に浮かぶ人工島「24区」がもともと連合国が管理していました。
それがアジア有数の危険な歓楽街としていたのですが、ついに日本に返還され東京都の一部になるお話しです。
東京都の一部になるために24区に犯罪を事前に特定し防ぐシステム「ハザードランプ」というものが組み込まれています。

この物語の登場人物、蒼生シュウタ、朱城ラン、翠堂コウキの幼馴染たちは
「RGB」と呼ばれていました。
それはコウキの妹アスミが「この三人だったら何でも出来そう!」という意味で
三人の色の頭文字から付けられました。

しかしとある事件によってアスミが亡くなり三人は疎遠状態になってしまいました。
その事件の一年後、三人は再会しますがある日突然、亡くなったはずのアスミから三人へ電話が鳴ります。
そこから物語は一変します。

2,なぜアツいのか?
ポイント3つに分けて説明したいと思います。

①ヒーローものはやっぱりアツい。
登場人物の中で特に「蒼生シュウタ」は子供のころから、ヒーローに憧れているのですが
ヒーローものって誰かがピンチになったり、どっちを選んでも最悪な状況になりえないいわゆる、究極の選択というものが
あると思いますが、「これ、どうなっちゃうの??」的な展開で私たちは心躍らされました。
特に1話がおすすめです!

②表現力がアツい。
この物語の中で、沢山の表現があります。
ストリートアート、様々な行動力、色鮮やかな作画。
それぞれがいろいろなものやツールを通して表現されるのが素晴らしいと思います。

③「正義とは何か」を考えさせられる。
みんなにとって「正しい」という言葉はどんな視点でも見ることが出来ます。
それは社会的な意味での正しさであったり、ジャンプ的な友情、努力、勝利的な意味での正しさであったりです。
私はこのアニメを通して、正しさというものがなんなのかを改めて考えるようになりました。
それが三人の魅力にあります。

3,最後に
一番新しく放送された10話が3月23日に放送され、物語は終盤となります。
もうすぐ終わるのが寂しいなあとは個人的には思いますが最後まで見守っていこうと思います。
ネタバレをしたいぐらいに内容を話せないのがもどかしいです(笑)

そして3月23日にブルーレイ、DVDもリリースされています。
私もブルーレイ、DVDを両方予約し、本日届きました!

綺麗に包装して頂きました!
どちらかは観賞用で、どちらかはコレクション用です笑
我らの蒼生シュウタが映えるぜ。
中身はこんな感じ。個人的にはエンディングイラストポストカードが嬉しい。
アクリルスタンドはこんな感じ。

ぜひ見てください。huluでも視聴できますよ~。

ほんとにおすすめです!

コメントを残す